ホームメンテナンス☆お役立ちガイド

定期的なホームメンテナンスで家を長持ち

トップページ > ホームメンテナンスについて > 定期的なホームメンテナンスで家を長持ち

定期的なホームメンテナンスで家を長持ち

マイホームを手に入れても、そのまま住みっぱなしではどんどん月日と共に、家屋の内外は劣化していくばかりです。
適切な時期でメンテナンスをすることで長く大切な家を持たせることが出来ますから、いつ頃作業に入るのかも考えておくようにしましょう。
まず5~10年経過してくると、外壁に変化が現れてきます。
使う塗装にもよりますが、剥がれや欠けなどもあれば見ておいて下さい。
10~15年ほど経った頃には、配水管などの水回りの設備が徐々に古くなってくる事です。
自分でもチェックしながら、業者に状態を確認すると安心です。
20年ぐらい経ったのであれば、家の内外を一度全部見回って、優先順位を決めながら必要な部分を決めてからリフォームやリノベーションするようにしていけば、お金も時間も無駄にしません。


お家の中でも特に傷みやすい部分はトイレやキッチン、お風呂などの水回りです。
毎日丁寧に掃除やこまめなお手入れをしていたとしても傷んでいくものだと理解しておいて下さい。
リフォームできる業者も多いですし、料金やメーカーなどもピンからキリまであるので、見積もりを取りながら相談に乗ってくれるかどうかも確認していきましょう。
似たような部分の作業であっても、いざ見積り内容を見てみれば、一式でまとめて分かりにくい業者もあれば、懇切丁寧に細かく作業内容と料金を書いてくれていたりもするほどです。
なるべく安くしたいと思って料金で飛びつくと痛い目に合う事も多いですから、疑問があればそのままにせず必ず聞いてみて下さい。
対応の良し悪しも、後悔しない業者を選ぶためのコツの一つです。


家の外回りもメンテナンスを忘れてはいけない部分です。
長年風雨に紫外線などに晒されると、塗装などが剥がれたり欠けたり、時にはゆがんだりしてしまいます。
見える部分だけでなく、中の見えない部分も劣化している事がありますので、外観が問題ないから大丈夫と油断せずに、時期が来たら一通り見てもらう事をおすすめします。
特に問題ないようであれば、もう少し様子を見ながら生活を続ければ良いですし、早い段階でケアしておいた方が結果的に修繕費用も安くつきそうであれば作業してしまいましょう。
外壁だけでなく屋根も傷んでいることがありますので、一緒に状態を確認してもらって下さい。
可能であれば同時に施工をしてもらえれば費用も期間もまとめることができるので、今後の修繕計画もスムーズに進められるようになります。

次の記事へ